記事一覧

【マジか?】バーガーキングに「ビックマック」持って行くと安くなるのはマジ?確かめてみた

ba-ga-1.jpg



バーガーキングがとんでもないプロモーションを行い話題となっております。ななんと!マクドナルドの「ビッグマック」に対抗し、「ビッグキング」という対抗意識バリバリな商品を販売することとなったのだ!さらに、「ビッグ」と名の付く商品やレシートを持って行くとお値引きがされるという衝撃の企画も。これは確かめるしか無い。


bagar2.jpg


さてバーガーキングは「あっちのBIG」のレシートで!などととんでもない煽りを入れております。もちろん「あっち」というのはマクドナルドのことだとは思われますが、そうとも限らない。ビッグという名前がつくものであればOKなのだ。例えば「ビッグロト6」など。

bargar3.jpg


ということで「あっちのビッグ」を持ってこっちのビッグを購入しにいきました。

すると店員、なんとも「ビック」りした様子もなく、手慣れた様子でササッと対応。
あっちのビッグのレシートを、サッと確認すると「ビッグ4お値引きです」などと良くわからない発言をし、見事購入成功。

要約すると、面倒なことになるのかとおもいきや実は多くの方が来ているものと思われる。

bargar4.jpg


ということで「あっち」と「こっち」のビッグ登場!

bargar5.jpg


開けてみると、確かに構成は同じ!
クラウンが、セサミバンズ、レタスそしてピクルスとオニオン、チーズは全く同じであるがはたして「ビッグキング」はどんな味なのか。

bargar6.jpg


直火焼きビーフが旨いという売り込みもあるので、肉に期待したい。
ということで早速食べてみる。

bargar7.jpg


いただきます。

うん、ちょっとバンズの主張が強いかな。おそらく肉のボリューム感が薄いのと、ビックマックに有るような、クリーミーでパンチの効いたソースが無いのは残念。

確かに肉は「直火焼き」風で香ばしい。
だが、残念なことにビックマックのようなジューシーさがない。パッサパサになってしまっている。

ただし野菜のシャキシャキ感はこちらのほうが優勢。オニオンが大きく切られているからではなかろうか。

bargar8.jpg


トータル的に見て、やはりビックマックは偉大だなと感じる。
おそらくビックマックソースの圧倒的な存在感がその要因ではなかろうか。


bargar9.jpg


ちなみにお値段ですが

ビッグマック:370円
ビッグキング:370円(値引きして)

これも偶然なのか?
ということで今だけなのかもしれないのでご試食ください。

バーガーキング
http://www.bigking.jp/

(秒刊ライター:ユカワ)